Jan. 20-23 情報学環教育部研究生になりませんか?

僕がいる情報学環に教育部という摩訶不思議な仕組みがあります。情報、メディア、ジャーナリズム、コミュニケーションなどについて学際的に学べるプログラムなのですが、大学2年生以上ならほかの大学の学生さんでも社会人でも受験可能(ただし大学院生はダメ。大学院レベルで学びたい人は学環の教育組織である学際情報学府を受験してね)。
今の大学の硬直化した仕組みを笑い飛ばすような、アジールのような雰囲気のところです。1949年からある不思議なところ。
1月に願書受付、2月〜3月に試験があります。興味がある人はぜひチェックしてみてください!

出願受付期間:2014年1月20日(月)〜23日(木)

教育部研究生の説明<http://www.iii.u-tokyo.ac.jp/course/870>
募集要項<http://www.iii.u-tokyo.ac.jp/admissions/undergraduate>

IMG_1695

研究生合宿@秩父(まじめそうに見える)

合宿報告会(がんばったようにみえる)

合宿報告会(がんばったようにみえる)

教育部研究生の概要(ウェブサイトより抜粋)

情報学環教育部は、情報、メディア、コミュニケーション、ジャーナリズムについて学びたい人々のために、おもに学部レベルの教育を2年間にわたっておこなう、ユニークな教育組織です。講義は、各自が所属する学部の授業などと両立できるように、おおむね午後から夜間にかけて開講されています。
学部、研究科という「タテ糸」で成り立つ東京大学のなかに、情報というキーワードをめぐる教育研究を「ヨコ糸」で縫い合わせてできた情報学環。教育部は、その情報学環という斬新的な東大の組織の特性を活かした、魅力的な学習の場となっています。
情報学環教育部では、毎年、前年度後期に入学試験をおこない、一学年約30名の教育部研究生を選抜します。大学2年生以上であれば、東京大学の学生だけではなく他大学の学生、社会人も含めて受験をすることができます(4月以降大学2年生になる見込みの人を含みます。ただし4月以降に大学院生となる見込みの人は含みません)。受験資格の詳細は募集要項を参照してください。