Aug 9: Congratulations Singapore!

(Japanese follows)

Early in August, I watched a film “1965” with my wife at one cinema complex of Clementi, Singapore.
It is a story from 1964 race riot, kick out from the Federation of Malaysia, to 1965 independence declared by the Prime Minister Lee Kuan Yew breaking into tears.

11392908_377017665824638_771367225873461164_o

Although it should be categorized as one of the most sophisticated propaganda films, people, especially Japanese can learn a lot about the effort and significance of building a multi-racial nation from it.

Needless to say, handing down one’s war memories and learning history of the war time are important. However, they will not work well if those memories and history became solid and stiff like stones. It is necessary for us to make them soft and recover numerous voices, feelings, and a variety of perspectives.

Most of war stories described by Japanese mass media in the summer of 2015 have seemed occupied by stones of Japanese, by Japanese, and for Japanese. In the film “1965”, they made dual stories of Malaysian and Chinese in a careful way.

Today, August 9th, Singapore is celebrating their golden jubilee.
Congratulations for all the people living in the tropical islands.
I will keep learning a lot from you.

Shin Mizukoshi

8月初旬、シンガポールのクレメンティという町のシネコンでつれあいといっしょに『1965』という映画を見ました。
人種暴動、マレーシア連邦からの追放などさまざまな問題を乗り超え、李光耀(リ・クァンユー)が泣きながらシンガポール独立を宣言するまでの数年間を描く内容。

おそらくはとてもよくできたプロパガンダ映画と言うべきでしょう。しかし管理国家シンガポールなどという前に、この映画から学ぶべきことは多いと思いました。とくに多民族国家を形づくる苦労と意義を、日本人は今一度深く学ぶ必要がある。

戦争の記憶を語り継ぐこと、歴史を学ぶことの大切さは言うまでもありません。しかし語り継ぐ記憶や学ぶべき歴史が硬くこわばった石のようなものになっていてはうまくいきません。今一度それらを柔らかくし、無数の声、感覚、国や地域の違いによって異なるものごとの見え方のよみがえりをうながす必要があるのではないでしょうか。

日本のマスメディアが描く戦争の記憶は、今年もまた日本人の日本人による日本人のための石ころがほとんどです。『1965』は少なくともマレー人と中国人双方の立場から問題を描いていました。
それもていねいに。

きょう8月9日、シンガポールは建国50周年を迎えました。
シンガポールのみなさんに心からお祝いを申し上げます。そしてこれからいろいろと学ばせてもらえればと思っています。

水越伸