Shin’s classes of 2017

Class

S1&S2 term

水越ゼミ(学際情報学府)

  • Shin MIZUKOSHI Seminar for readings and students’ presentations(指導院生を中心とする大学院生向けのゼミ)
  • 15:00 to around 17:30, Every Other Tuesday
    • Seminar Room #3, 7F, iii Main Building(情報学環本館7階第2演習室)
  • 13:30 to around 17:30, Every Third Saturday
    • Meeting Room, 1F, Fukutake Hall(福武ホール一階会議室)
  • Text:
    Marc Steinberg and Alexander Zahilten eds., (2017) Media Theory in Japan. Duke Univ. Press
  • Schedule (update June. 15)
    • Black: Tuesday, Blue: Saturday
    • 04月11日 Scheduling
    • 04月22日 WS presentation (M1+Show+Tanaka+Gift)
    • 04月25日 Kamiya, Toriumi
    • 05月09日 Reading-Udagawa:intro, Fujishima
    • 05月20日 Udagawa, Katsuno, Miura
    • 05月30日 Reading-Tanaka:01, Chen
    • 06月06日 Reading-Katsuno:05, Lin
      • FYI: 06月10日 入試説明会
    • 06月13日 Udagawa, Katsuno, Miura
    • 06月20日 Takahashi, Mizukoshi
    • 07月04日 Gift, Tanaka, Kamiya
    • 07月15日 Udagawa, Katsuno, Miura,  WS (M1)
    • 09月01日 Udagawa, Miura
    • 09月02日 Kamiya, Tanaka, Katsuno

メディア表現論(学際情報学府)

  • Understanding social thought and practice for encouraging people’s media expression.
  • 10:25 to 12:05, Monday & Thursday S1 Term
  • Fukutake learning studio
  • Schedule (update Apr. 11)
    • 01.4月06日(木)はじめに:メディア表現論の射程
    • 02.4月10日(月)実践編01
    • 03.4月13日(木)思想編01
    • 04.4月17日(月)実践編02
    • 05.4月20日(木)思想編02
    • 06.4月24日(月)実践編03
    • 07.4月27日(木)思想編03
    • 08.5月01日(月)実践編04
    • 09.5月08日(月)実践編05
    • 10.5月11日(木)思想編04
    • 11.5月15日(月)実践編06
    • 12.5月18日(木)思想編05
    • 13.5月22日(月)実践編07
    • 14.6月01日(木)予備日
  • Text:
    • スチュワート・ホール(聞き手:陳光興/小笠原博毅訳)(1996)「あるディアスポラ的知識人の形成」『思想』No.859、岩波書店、pp.6-30.
    • 菅豊(2013)『「新しい野の学問」の時代へ:知識生産と社会実践をつなぐために』岩波書店.

メディア・リテラシー(東京藝術大学音楽環境創造学科

  • Media Literacy (Class of the Department of Music Environment Creation, Tokyo University of the Arts)
  • The former part is lectures, the latter part is serial workshop of sound and media.
  • 私たちはLineやTwitterのようなソーシャルメディア、テレビ、新聞などのマスメディア、さらには身体や都市にいたるまで、幾重にも重なるメディア環境の中で生きていることを当たり前のように思っている。そのことが持つ意味合いを意識的、批判的にとらえることはじつはむずかしい営みであり、そのための術や素養としてメディア論、メディア・リテラシーを学ぶことがこの授業の目的である。
    授業は、講義とワークショップを組み合わせて進めていく。前半は、メディアを歴史的にとらえる視座を学ぶ。後半は、北千住のイメージとリアルを実証的にとらえながら、地域イメージを題材にメディア・リテラシーを学んで行く。
  • 13:00 to 14:30, Monday
  • Geidai Kitasenjyu campus

21世紀メディア論 ’14(放送大学)

  • “Media Studies for the 21st Century”, graduate school of the Open University of Japan (broadcasting program)
  • textbook:水越伸『改訂版 21世紀メディア論』放送大学教育振興会、2014年.

A1&A2 term

水越ゼミ(学際情報学府)

  • Shin MIZUKOSHI Seminar for book reading and students’ presentations(指導院生を中心とする大学院生向けのゼミ)
  • 15:00 to around 17:30, Every Other Tuesday
    Seminar Room #3, 7F, iii Main Building(情報学環本館7階第2演習室)
  • 13:30 to around 17:30, Every Third Saturday
    Meeting Room, 1F, Fukutake Hall(福武ホール一階会議室)
  • Text:未定
  • Schedule (update Mar. 13)
    • Black: Tuesday, Blue: Saturday
    • 09月26日
    • 10月10日
    • 10月21日
      • FYI: 同日 Home Coming Day
    • 10月24日
    • 11日07日
    • 11月18日
    • 11月21日
    • 12月05日
    • 12月16日
    • 01月20日
    • 03月10日 修論報告&同窓会

文化・人間情報学研究法I(学際情報学府)

  • Bibliographic Studies in Culture and Human Information Studies I
  • 10:25 to 12:05, Wednesday A1&A2 Term
  • Fukutake learning studio
  • この授業は文献を調べ、読むことに関する基本的な素養と技術を体得することを目的としている。前半では学際的領域における文献研究に関して重要なことがらを、読書論・学問論の古典を読み、識者らの声を聞くことで学ぶ。後半は、それらの知見を生かし、履修者各自のビブリオグラフィをワークショップを通じてつくることを試みる。
  • Schedule (update Feb. 12)
    • 09月27日 Orientation
    • 10月04日 総合図書館講義&見学
    • 10月11日 文献講読
    • 10月18日 文献講読
    • 10月25日 文献講読
    • 11月01日
    • 11月08日
    • 11月22日
    • 11月29日
    • 12月06日
    • 12月13日 My Bibliography Workshop
    • 12月20日 My Bibliography Workshop
  • Text:
    • 内田義彦『読書と社会科学』岩波書店、1985.

メディア論(北陸先端科学技術大学院大学)集中講義

  • 情報技術と社会のダイナミズムとしてのメディア史、メディアやコミュニケーションをめぐる思想と理論、そして現代社会におけるメディアに関する様々な問題に取り組むメディア表現やメディア・リテラシー等の諸実践について総合的に講義すると同時に、ワークショップ(以下、WS)を通じてその意義を体得する
  • 2017年2月中旬集中講義

21世紀メディア論 ’14(放送大学)

  • “Media Studies for the 21st Century”, graduate school of the Open University of Japan (broadcasting program)
  • textbook:水越伸『改訂版 21世紀メディア論』放送大学教育振興会、2014年.