Aaron CHIU’s Public Lecture “From Visuality to Plasticity: The Visual Spectacle in the Age of Digital Culture in Taiwan”

Dr. Aaron CHIU, visiting professor at Kansai University, will lecture “From Visuality to Plasticity: The Visual Spectacle in the Age of Digital Culture in Taiwan”
Please come and join us!

Chih-Yung Aaron CHIU, Professor & Director
邱誌勇教授

Graduate Institute of Art and Technology, National Tsing Hua University
國立精華大學科技藝術研究所

Visiting Scholar, Kansai University
関西大學客員教授

関西大学千里山キャンパス第3学舎(社会学部)A202教室
#A202, Faculty of Sociology, Senriyama Campus, Kansai University

No pre-registration is required, free of charge.
事前登録不要、参加費無料

10:40-12:10, Wednesday, July 19, 2023
2023年7月19日(水)10:40-12:10

Continue reading “Aaron CHIU’s Public Lecture “From Visuality to Plasticity: The Visual Spectacle in the Age of Digital Culture in Taiwan””

Shin became President of JAMS for two years

(日本語はうしろ)

I became President of the Japan Association for Media, Journalism and Communication Studies (JAMS).
I was elected as the new President at the Board of Directors meeting of the Spring Conference at Nara Prefectural University in June 2023.
For the next two years, I would like to regard academic society as one medium and do my best to make that medium exciting and interesting.
I would like to do this with the help of the Board of Directors, the Auditors, and the more than 1,000 members.
Thank you in advance for your support.

Workshop “Design for Digital Media Society and User” JAMS 2023 Nara, where Shin attended.

2023年6月になら県立大学で会った日本メディア学会春季大会の理事会で、私は新たな会長に選出されました。
これから2年間、学会を1つのメディアとしてとらえ、そのメディアが刺激的でおもしろいものになるように力を尽くしていきたいと思います。
理事・監事の方々や千名を超える会員のみなさんのお力を借りながら進めていきたいと思います。どうかよろしくお願いいたします。

Two articles on platforms and AI literacy were out!

Two anthologies to which I have contributed have recently been published. In both articles, I discussed reflective workshops I developed, thinking about how we metaphorically understand platforms and AI. I thank the editors for allowing me to publish them.

I believe, however, that it is not enough to decode and understand platforms and AI but that it is necessary to find approaches for practical intervention by citizens. I intend to discuss this thoroughly in my forthcoming monograph.

“Reading Aloud Terms of Use: A Workbook for Understanding Platforms” (co-authored with Masahiro Katsuno), Decoding Platform Capitalism, (2023) Nakanishiya Shuppan.

“Let’s Draw AI!: A Workshop for Developing Metaphorical Understanding of Media,” Understanding AI in Society: How Technology Exerts Power, (2023) The University of Tokyo Press.

Continue reading “Two articles on platforms and AI literacy were out!”

第2回 Media Studies Forumへのおさそい

「教科書ってなんだろう:メディア研究を支えるメディアのゆくえ」

20世紀末にかたちを成しはじめたメディア研究は、一過性の流行ものなどと揶揄されながらも数十年にわたって発展を遂げてきました。
それに伴いとくに2010年代に入ると、メディア研究の教科書と呼べる書籍が、多くの出版社から出版されるようになりました。
このことは喜ばしいことである反面、長らく続く学術出版の苦況のなか、ふと気がつけばメディア研究の本棚には、教科書と、出版助成を受けたような高価な専門書ばかりが目立つようになって来てはいないでしょうか。

あらためて、教科書とはなんなのでしょうか。
今日の教科書は、本当に学生を惹きつけたり、新たな知的成果の発表の場になっているのでしょうか。
このことはメディア研究だけではなく、社会学、文化研究を含む、広く人文社会科学系の諸領域で共通に問われるべき課題のように思われます。

関西圏に棲息するメディア研究に取り組む人々をネットワークするために、2022年に始まったメディアスタディーズ・フォーラム。
その第2回は、「メディア研究の教科書というメディア」の現在について、英語圏の状況や、出版社側の事情なども交えながら、ともに語り合い、その未来について考えていきます。
ゆるりとした雰囲気の中で丁々発止とやりたいと思っています。

事前登録必要(定員に達したため、オンライン、対面ともに受付を締め切らせていただきました)、参加費無料です。

どうかお誘い合わせのうえご参加ください。

(水越伸・岩渕功一)

Continue reading “第2回 Media Studies Forumへのおさそい”